ガンダムの概要と作品の特徴


スペースコロニーへの宇宙移民が始まって半世紀あまりが過ぎた未来世界、宇宙世紀0079年が舞台である。人類は増え過ぎた人口を月軌道周辺にあるラグランジュ点に浮かぶスペースコロニー群(サイドと呼ばれる)に居住させていた。その中で地球から最も遠いコロニー群サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦からの独立を求め、人型機動兵器「モビルスーツ(MS)」を駆使して独立戦争を挑んできた。開戦から僅か1ヶ月あまりで双方の陣営は総人口の半分を死に至らしめた。 そんな中、サイド7に住む少年アムロ・レイは、地球連邦軍が進めていた「V作戦」に対する調査のためコロニーに侵入したジオン軍MS ザクの攻撃に巻き込まれ、偶然が重なって連邦軍の新型MS ガンダムのパイロットになってしまう。ガンダムの性能もあり敵MSを撃退することはできたものの、ガンダムの母艦であるホワイトベースは正規乗組員のほとんどを失い、アムロをはじめこれに避難した少年少女たちは生き残った乗組員達と協力しながらサイド7を脱出する。しかし宇宙には、赤く塗装した専用のザクを駆り数々の戦果を挙げたことから「赤い彗星」と呼ばれるジオン軍のエースパイロット、シャア・アズナブルが待ち構えていた。 この物語は、宿敵シャアをはじめ、様々な人々との出会いや戦い、そして別れを経て数々の困難を乗り越え、閉鎖的な極限状態に悩み傷つきながらも一歩ずつ成長していくアムロたちの姿を描いている。

『無敵超人ザンボット3』、『無敵鋼人ダイターン3』に続く日本サンライズのオリジナル作品第3作として、富野喜幸(現・富野由悠季)を監督に据え、玩具メーカーのクローバーをメインスポンサーとして企画・制作された。対象年齢を従来より引き上げた、ロボットものとしては最初のジュブナイルアニメである。 ロボットアクション以上に、主人公の社会的成長が物語の主軸に据えられている。また、戦争を舞台としたリアリティに富んだ人間ドラマと、ロボットを「モビルスーツ」と呼ばれる兵器の一種として扱う設定を導入したことで、80年代初頭から半ばにかけての、後に“リアルロボットもの”と称されることになる一連のロボットアニメ変革の先駆けとなった[註 1]。 それらの要素が放映当時の10代半ば以上の視聴者を中心に人気を博し、本放送終了後の1981年から1982年にかけて劇場版3部作の制作に結びついた。1980年代を代表する作品であり、1970年代の『宇宙戦艦ヤマト』 、1990年代の『新世紀エヴァンゲリオン』と並び、後々のアニメへ影響を与えた作品である。 なお、本作は後に続々と制作されていく「ガンダムシリーズ」と呼ばれる一連の作品群の第1作目であることから、ファンからはファーストガンダムの異名で呼ばれることも多い。

本作以前の1970年代当時は『宇宙戦艦ヤマト』や『ルパン三世』といった作品の盛り上がりによりアニメ視聴者層の対象年齢が広がりつつある時期ではあったが、『マジンガーZ』によって開拓されたロボットアニメというジャンルについては、玩具メーカーであるスポンサーの関連商品の購買層が小学生以下に限られていたため対象年齢の低下が進み、いわゆる「お子様向け」の荒唐無稽な内容を脱することができずにいた[註 2]。ところが本作ではスペースコロニーという設定を持ち込むことで、敵も味方も同じ人間どうしの「戦争」という、より現実感のある状況を描き出す試みが出来た。『ザンボット3』と『ダイターン3』の好調な販売成績を受け、スポンサーからの干渉が少なかったためである[1][註 3]。 また、前述のとおり登場するロボットをモビルスーツと呼んで現実の兵器に近い描写を行ったのも本作の重要な試みの一つである。従来、主役ロボットには変形や合体など玩具として魅力的なガジェットを備えることがスポンサーである玩具メーカーから求められており、本作の主役MS ガンダムも試作品という設定を付して同様のガジェットを組み込まれた[註 4]。ところが本作ではさらに、敵であるジオン軍MSに設定上「量産機」という概念を与え、ロボット描写のミリタリズムを高めた[註 5]。ミノフスキー粒子という架空の粒子も設定され、レーダーや電波誘導兵器を攪乱・無効化することでMS同士の白兵戦に説得力を持たせた。従来の戦争物でおざなりになっていた兵站についても、兵器・物資補給シーンを描いたりマチルダなど補給や整備に関わる人々のドラマを描いている。無重力状態の描写などにも注意が払われ、細かい設定によって作品世界に奥行きを持たせた作品となっている。 主人公アムロはもちろん、彼をサポートする人々や敵対する兵士についても個性的な人物像がセリフや行動で描かれた。また必ずしも主人公サイドの連邦軍が一枚岩でない様子や、シャア・アズナブルの復讐劇の要素も交えて奥行きのあるドラマを展開。全体のプロットには直接触れない登場人物までそれぞれが信念を持ってこの戦争を生き抜いている様子が描かれ、従来作品に比して作品世界が豊かになっている。 本作の重要なキーワードの一つが「人類の革新『ニュータイプ』」である。超能力にも似た特別な感覚を得た人々として設定されたニュータイプは、当初は主人公アムロに超人的活躍をさせるためのアイデアだったが、やがて宿敵シャアもまたニュータイプであることが明かされ、そして同じくニュータイプである少女 ララァ・スンとの出会いと3人の間で起こる悲劇を通じて、「人類の革新」とは何なのかという抽象的なテーマへと昇華された[註 6]。 当時は「制作者側が自身の"作家性"を発揮できる余地が大きい最後の時代」とも言われている[2]。本作はロボットアニメという枠組を破綻させることなく、現実味を持たせた物語や設定によって、高年齢層の視聴に堪えうる作品作りが可能であることを示すこととなった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

転職のプロリクルートグループ!

リクルートナースバンクが口コミで評判!看護師の専門エージェントがあなたの転職活動を徹底支援。最新の求人、募集状況のお知らせから、面接設定や条件交渉など自分一人では大変なことをすべてお任せください。内定できるかどうか不安、納得のいく転職をしたいといった方にこそおすすめです。

おまとめローンのメリット

おまとめローンで複数のサラ金や信販会社などのローンをまとめると、月々の支払いが軽くなる事と、支払日が一本化できるメリットもある。女性専用のおまとめローンを導入している銀行や信販会社などもある。

パチンコ店以外

パチンコ店以外では、ゲームセンターや露店などにてもパチンコ台が、設置、運営されるが、この場合は鋼球と景品との交換は行われない。パチンコ無料攻略法も効果あり。

トレーダーとは

個人で投資を行う者もいれば、業務として投資を行う法人も存在し、前者は「個人投資家」、後者は「機関投資家」と呼ばれ区別される。VTトレーダーが話題騒然。

検索エンジン最適化とは

検索エンジン最適化(けんさくエンジンさいてきか、英:サーチエンジンオプティマイゼーション、SEO対策)とは、ある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。また、その技術。

エステティックとは

エステティック (フランス語 esthetique) とは、痩身や脱毛、美白を始めとした、全身の美容術を言う。リラクゼーションを兼ねていることが多い。ラパルレ 口コミなどは話題騒然。